<   2007年 01月 ( 10 )   > この月の画像一覧

 

H19  1月31日 

生駒G邸
今日は最終日!いよいよ仮設工事の撤去ですね その前に最終の掃除と点検をしていきます。
e0116798_1004596.jpg
e0116798_1005550.jpg
e0116798_1016100.jpg

 

  by rashblue2001 | 2007-01-31 21:50

H19  1月30

生駒G邸
今日の作業はベランダ防水の仕上げ、サッシ廻りの掃除とライン出しです。

作業前
e0116798_9375782.jpg
テープを張り塗ります
e0116798_9444397.jpg
完了(ラインをきちんとだすと綺麗ですね)
e0116798_9391941.jpg
防水トップコート塗り(仕上げ)
e0116798_9393269.jpg
防水完了
e0116798_9394413.jpg

  by rashblue2001 | 2007-01-30 23:35

H19 1月29日

おはようございます。またまたインドネシアからのアップです^^今日はボランティアでビーチの清掃しています。朝の6時からですのでメチャメチャ眠たいです。
親方初登場かな^^
e0116798_2254359.jpg

生駒G邸
今日の作業ないようは、ベランダの防水の下地、トユ・ひさしのウレタン塗装、サッシ廻りのライン出しです。まずは防水作業から説明しますね!G邸のベランダは小さなヒビ割れがある程度で雨漏りはないでしたのでカチオン樹脂系の塗膜防水材を使用しました。トユやひさしは、当店ではウレタン樹脂系の材料を使用します。5年位前までは普通のペンキを使用していましたが、3年もすれば艶がなくなるので、最近ではウレタン系の塗料を使っています
ケレン作業
e0116798_2503042.jpg

防水樹脂塗布
e0116798_2542081.jpg
ウレタン塗り
e0116798_2504937.jpg
ウレタン塗り
e0116798_2511271.jpg

  by rashblue2001 | 2007-01-29 10:24

H19  1月27日

今日はインドネシアからアップしますね。^^街を移動していると、職業がら、ついつい建築現場に目がいっちゃいます。インドネシアの職人はサンダルで足場に上り、日本では絶対にありえないような足場で作業しています。私はこんな足場での作業は怖くて無理ですね!驚いたのはきちんとフィーラーを入れて塗っていたのがビックリしました。ボランティアスタッフのトニーさんに聞くには、大きな現場だと必ずと言っていいほど事故があるみたいです(怖い怖い)
遠くから見ていると綺麗ですね!(ここの足場はまだマシでした)
e0116798_1465521.jpg
手をふってくれました(気つけやぁ^^)
e0116798_1471218.jpg

生駒G邸
今日の作業は、外壁の最終工程、上塗り作業(中塗りと同じ材料を普通のローラーで塗っていきます。)と屋根の最終仕上げ(艶のあまい所や細かいヒビ割れをチェックしていきます) 
e0116798_253367.jpg
雨が入らないよにコーキングを打っていきます。
e0116798_2141116.jpg
最終チェック
e0116798_2115769.jpg
屋根仕上がり
e0116798_272365.jpg

  by rashblue2001 | 2007-01-27 23:47

H19  1月26日

生駒G邸 今日の作業内容は外壁の中塗り作業です 昨日の続きで砂骨ローラーで外壁を丁寧に塗っていきます。厚塗りは1㎡位ずつ模様を見ながらしっかり厚みをつけていかなければなりません。見ていると簡単な作業ですが、結構難しい作業です。職人さんによって模様がかわりますので、ゆっくりと模様をあわしながらぬっていきます。
e0116798_1273033.jpg
相手の模様を見ながら塗っていきます
e0116798_1274139.jpg
中塗りの模様(厚みを付けるとボリュームがでます)
e0116798_1275327.jpg

  by rashblue2001 | 2007-01-26 20:56

H19 1月25日

明日から一週間インドネシアにボランティアに行ってきます。生駒G邸は帰ってからアップしますね ごめんなさい(- -) 今日は現場の見積りや、お客様との打ち合わせに行ってましたので私は現場には出ていません。生駒G邸は壁のフィーラー塗り(昨日の続き) 中塗りの厚塗り塗装(マスチック塗装)作業です。厚塗りをするには砂骨(さこつ)ローラーで塗っていきます。砂骨ローラーとはヘチマみたいに穴がいっぱいあいているローラーです。普通のローラで塗る場合より3倍以上の厚みがつきますのでヒビ割れには強いです。厚塗りに使用している材料は 日本ペイントのDANシリコンセラ 特徴はゴム系の水性塗料 弾力性がありますので、ヒビ割れの多い家にはいいですね!名前のとおりシリコン成分も入っていますので汚れもつきにくく耐光性にもかなり優れています。耐久年数は10年~15年位もつとおもいます。G邸の御見積もりは5種類ほど提案させていただきまして、一番いい仕様の工法で施工させていただいております。当店の見積りは指定されないかぎり、状況をみて最低でも3種類ほどの工法を提案しており、きちんと説明させて頂きますのでお客様にも納得していただけるとおもいます。
砂骨ローラー
e0116798_1713816.jpg
厚塗り塗装中
e0116798_18171961.jpg
使用材料のDANシリコンセラ
e0116798_18173847.jpg
作業終了後はきちんと掃除してかえります(当たり前の作業か!^^)
e0116798_18261757.jpg

  by rashblue2001 | 2007-01-25 21:11

H19 1月24日

ブログ投稿4日目 結構まめに書いている自分におどろいています。いつまで続くか不安もありますが 今の所は頑張っていますね^^今日の作業は大和郡山市U邸の新設ウッドデッキぬり。使用材料はキシラデコール(木部防腐材及び着色塗料)結構、有名でホームセンターにも売られている材料です。確か、ドイツ生まれの防腐剤だと思います。日本のメーカーの防腐剤も良いのはありますが、当店ではキシラデコールを良く使用していますね。塗り回数は2回塗るのがベストでしょう!ウッドデッキは板の隙間がハケでは入りにくいので、2番目の写真に載せている 名称 スキマー(隙間に使う道具だからそんな名前なんでしょうね)っと言う名前の道具でキッチリ奥まで塗っていきます。一回使用すると使えないのが勿体ないです。
施工前
e0116798_18232752.jpg

これがスキマー
e0116798_18233745.jpg

完成
e0116798_18234697.jpg

生駒G邸
今日の作業内容は屋根塗り(2回目)・壁のフィーラーぬりです。屋根は2回塗りで仕上がりですが、明日の仕上がり具合でもう一度塗ろうかと、うちの番頭(弟)が話していました。(安心して仕事をまかせれます。^^)3回ウレタンを塗れば抜群でしょうね 番頭にまかせます。壁は一回目の塗り作業のフィーラーぬり!壁の下地材は 先日つかいましたシーラーと今回使用するフィーラーの2種類あります。簡単に説明しますね!シーラーは接着材とホコリの押さえの役割がありフィーラーはシーラーの役割は勿論のこと、厚みがつき下地の調整ができ細かい穴や凹凸が埋まっちゃいます。現場の状況によって使いわけていますが、当店では、フィーラーでの下地塗りをするのがおおいですね。勿論、値段もあがっちゃいますが!女性の化粧品と同じでいいファンデーションを使うと化粧ののりが良いのと同じだと思います。塗り替えも化粧ですもんね!   屋根2回目 
e0116798_1849474.jpg

フィーラー塗り(番頭の弟です)
e0116798_1850247.jpg

  by rashblue2001 | 2007-01-24 18:24

H19  1月23日

今日は大阪の高級寿司店のカウンターを吹付けにいきました。私独りでしたので施工中の写真はとれませんでした。オーナーが、すごく、こだわりのある方なので緊張しながら神経を集中して施工してました(久々の難しい仕事)。カウンターの赤い部分はつけ台といい、昔のお寿司屋さんは、つけ台の上に握った寿司をお客様の前に出していたようです。違う業種の話しを聞くのも勉強になりますね。まっ私は廻る寿司専門なのでつけ台のあるようなお店には縁の無かったことなんですが!オーナー様 いつかは私もサイフの中身を気にしないで高級寿司店に行けるようガンバリます。さて、余談はこのへんにして、カウンターの使用材料は2液性ウレタンクリアー塗料!高級な二スと言ったほうがわかりやすいですかね^^下地にはこれもまた2液性サンディングシーラー。サンディングシーラーとは上塗りの密着を高め、なおかつ手触りをよくする為に使用します。最初から生木にウレタンを塗りますと吸い込みムラができちゃいます。白木のカウンターは何回も塗り重ねて仕上げて行くので、もの凄く手間がかかっちゃいます。結局8回位吹付けし。私が納得いく仕上がりになりました。飲食店ですので、今回は抗菌の為 最近の新しいコーティング材の光触媒の吹付けをいたしました。光触媒についてはホームページで詳しく説明するつもりなので今日は控えときますね(めんどくさいだけやろ!)お客様も喜んでいただき気持ちよく高速を飛ばしてかえりました。

親方今年一番の自信作^^
e0116798_17443694.jpg

生駒G邸
他の職人さんたちは、生駒G邸に行っていました。今日の作業は屋根塗り一回目(昨日の続き)壁の下地処理(クラックコーキング) 壁養生 の作業を行いました。この時期屋根は夕方遅くまで塗っていますと、夜露がおりメクレや仕上がりの妨げになりますので、大体4時位には屋根塗りの作業はストップしています。夏場だといっぺんに塗っちゃえるのですが、冬場の屋根塗りは、なかなかスムーズには行えません。G邸は築12年ですのでけっこうひび割れがありました
致命的なひび割れはありませんが、きちんとコーキングで割れをふさいでしまいます。

目地ひび割れ
e0116798_1847116.jpg

コーキング打ち付け
e0116798_1847163.jpg

コーキング処理後
e0116798_18472920.jpg

養生
e0116798_18474611.jpg

  by rashblue2001 | 2007-01-23 17:45

H19 1月22日

今日は、奈良市のT邸の塀の吹付け工事を行いました。弟たちは生駒のG邸の外壁高圧洗浄・屋根塗り(1回目)作業を行いました。塀の使用材料は弾性リシン 屋根の使用材料は2液性ウレタン塗料 塀の工事から説明しましょう。一番目の写真は施工前の状態 2番目の写真はシーラー(塗装用接着材)を塗っている様子です。シーラー塗布は外壁塗装には必要な作業です 材料によってはシーラー不要の材料もありますが、一般的には最低でもシーラーは塗っておいたほがいいです。よく、塗装がめくれたりするのは、きちんとシーラーを塗っていない場合がおおいですね。シーラーの役割は、下地のホコリを押さえたり 塗料との密着をよくする役割があります。3番目の写真は吹付けをしている様子です。弾性リシンの特徴はひび割れに強く 和風の家に良く使用される材料です。4番目の写真は仕上がりの状態です。
施工前e0116798_19292040.jpg
シーラー塗布e0116798_1929329.jpg
吹付け作業
e0116798_19294284.jpg

完成
e0116798_19294872.jpg

生駒G邸 土曜日に屋根の高圧洗浄しましたので今日は外壁の高圧洗浄を行いました。
築12年たっておりますので、塗装がチョーキング現象(手でさわると色がつく状態)になっております。きっちり粉をおとさなければ綺麗な仕上がりができません。午前中に水洗いを終わらし昼から屋根の塗装を行いました。このタイプの屋根はメクレやすいので当店では一枚一枚ハケで塗るようにしています。スプレーで行う場合もありますが、予算がある場合はハケで丁寧にぬるほうがよいでしょう。      
生駒G邸高圧洗浄
e0116798_19345284.jpg

生駒G邸屋根塗り替え(一回目)このタイプはシーラー不要の材料ですのでダイレクトに塗っております。)
e0116798_1935890.jpg

  by rashblue2001 | 2007-01-22 20:00

H19  1月20日 今日からスタート^^

e0116798_21523232.jpgはじめまして。奈良県で塗装業を営んでおります 平松塗装店 代表 平松 茂ともうします。
今回、当店でホームページを作成しております。それに先がけて工事日記をアップしようと思い
エキサイトさんで登録してみました。私も職人しておりますのでお客様に塗装工事の事をわかりやすく、又ホームページではできない日々の現場状況をブログを通じて説明していければ良いなぁとおもっております。あまり文章を書くのが苦手なもので恥ずかしいのですが 塗装工事の参考にでもしてみてください。
 早速ですが今日の現場は 生駒市のG邸 昨日から仮設工事に入りました。今日の作業は飛散防止のシート張り・屋根の高圧洗浄をしました。屋根はセメント瓦 施主様は屋根は塗り替えできないと思っていたらしく塗り替えできるのを知って驚いていました このタイプの屋根は洗浄をしっかりしなければなりません。旧塗膜のスラリー層を落とさなければ密着不良によりすぐにはがれちゃいます。今日は初日ですのでこんなもので勘弁してください。なれない事してつずかなければ意味ないですものね!毎日アップできないかもしれませんが、私が現場作業をしている時は頑張ってアップしていきます。
e0116798_2153335.jpg

  by rashblue2001 | 2007-01-20 22:15

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE